主婦と税金

持続化給付金を受け取りました(赤枠がついて消えた)

  • 2020.06.24

5月から始まった、持続化給付金に申請し、満額の給付を受けました。 持続化給付金とは 感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支えるために給付される給付金です。 法人では最大200万円、個人では最大100万円の給付が受けられます。 私は個人事業主なので、個人で申請しました。 条件としては、「青色申告」「業種分類:学術研究,専門・技術サービス業」「マイナンバ […]

パート勤務のイデコ加入は損か得か?

ファイナンシャルプランナーさんとの相談で、パート勤務主婦のイデコ(個人型確定拠出年金)加入は損か得かをお話してきました。 結論から言うと、 ①年収103万円以下で扶養に入って働く場合は、所得税がゼロなので、節税メリットもゼロ。運用利益が手数料などのコストを上回らなければ、元本が目減りしていくことに。 ②社会保険上の扶養に入ったままでいられる、年収130万円未満で働く場合、若干の節税効果が出る。 ③ […]

小規模企業共済の加入方法・私にとってデメリットはなし!

  • 2018.05.14

税理士さんに帳簿を見てもらい、来年度からは「小規模企業共済」を利用するといいよ、と教えてもらいました。 経費があまりふくらまない業種なので、こうした節税対策が大切、とのこと。 小規模企業共済とは 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 小規模企業共済とは、小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金制度です。 何足も草鞋を履いて、リスク回避をしているけれど、いざというときにま […]

年収106万円のパートが社会保険に加入する最大のメリット

手取り額が減ることにばかり目が行きがちですが、いいことがたくさんありました。 短時間労働者も加入対象に 2016年10月の法改正で、厚生年金と健康保険の加入基準が変わりました。 それまでは、年収130万円未満のパート・アルバイト労働者は、健康保険・厚生年金の加入対象と認められていませんでした。 ところが、平成28年10月の適用拡大により、以下の条件を満たす短時間労働者が、新たに加入対象となりました […]